• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

バイト体験レポート 派遣土木系バイト 雑学

鳶職人がダボダボのズボンを履くわけ

投稿日:

最近職業体験とはいえ、土木系バイトを経験するようになり、違う意味で、新しい世界が見えてきた感じがします。

土木系バイトのカテゴリ



楽しいので今は、ハウスクリーニング系の業界に潜り込んでいますがが、こちらも同じく支給された作業着を着ています。

作業着と言っても色々あるのですが、工務店の人が来ているようなジャケットやパンツにいっぱいポケットが付いているタイプ。

作業着の中でも、とりわけ異色を放っている、鳶職人さんの格好が最近気になって、人に聞いてみても何か意味があるらしいということぐらいしかわかりませんでしたので自力で調べて見ましたのでおつたえします。

鳶職人のダボダボパンツの正式名称

鳶職人のダボダボパンツの、正式名称は7分ニッカポッカと呼ばれ足袋を履くスタイル。

ロング、超ロング、超超ロングなどとダボダボ具合で呼び方が変わるそうです。



鳶職人がなぜニッカポッカを履くのか?

さてここで本題の、なぜ鳶職人の人がダニッカポッカを履く理由についてやはりちゃんとした理由がありました。

動きやすい
鳶職人としてのプライドや魂
センサーとしての役割

動きやすい

足場の悪い高いところで作業をしながら、立ったり座ったりを繰り返す為、細身のズボンであると動きづらいと言う機能性の面でダボダボしているということです。

鳶職人としてのプライドや魂

ニッカポッカは鳶職人の正装、鳶職人としてして生計を立てている プライドから、ニッカポッカを選んでるとい理由もあるそうです。

また高い所ででいつも作業をするため、常に死と隣り合わせと言う覚悟の現れだと言う理由もあるそうです。覚悟を決め白装束で戦いに出ると言うのと同じ発想ではないでしょうか?

センサーとしての役割

足場が悪く高所で作業する鳶職人にとっては、常に周りの状況を判断しなければいけません。何か物がズボンに当たった時に、ニッカポッカだとすぐに察知できるというメリットがあるそうです。

高いところで作業すれば、風がつきものですが、強い風が吹いたり、風の向きが変わったりと、高所作業では、刻々と状況が変わっていきます。そんな変化をダボダボパンツが察知して、鳶職人に教えてくれるというメリットがあるそうです。

状況判断をいち早くし、作業を停止するか続けるかの判断材料に パンツの揺れ具合を確認するそうです。

これはセンサーとは少し違いますが、薬剤や危険なものが、自分にかかってきた時に、ニッカポッカがクッションの役割を果たし、被害を最小に抑えられるというメリットもあるとのことです。

しかしメリットだけではなく、デメリットも存在するようで、ダボダボがゆえに、引っかかって転倒したり、怪我をすることもあるようで、現在は現場によっては、超超ロング等を禁止しているところもあるらしいです。

ベテランになると、赤や紫など派手なものは好まず、白や紺のもものに落ち着く人がお多いようで、サイズや形に拘りを持っておいて、カスタムメイドで作る人がおおいとのことで、鳶職人さんの、こだわりや、伝統、プライドや魂を感じさせられ感銘を受けました。

鳶職のニッカポッカにはちゃんと意味があるということでした。







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-バイト体験レポート, 派遣土木系バイト, 雑学

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.