• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

DIY レビュー

アレルギー持ちが考えた空気清浄機がたった800円で作れる

更新日:

なぜ空気清浄機を作ろうと思ったのかは、以下の記事をご覧ください。

日本に戻ってアレルギー発症。目が痒くて目薬が手放せない

実はこのブログを立ち上げる前に水式空気清浄機は既に出来上がっていました。

なので一から作り方をお見せしようと思いましたが、
作り方を見せるまでもなく写真を見れば誰でも作れるのではないかと思います。

水式空気清浄機の構造はいたってシンプル

構造はいたってシンプルで、空の容器に水を入れ、そこに空気を送り込み、埃まみれの空気が水面に叩きつけられることにより、水がホコリをキャッチして、きれいな空気を外に送り出すと言う、すごくシンプルな構造です。

用意するもの




  • 適当なプラスチックの箱
  • USB ファン
  • カッター
  • ねじ回し

水式空気清浄機作り方

まずはじめに、箱の蓋を 、カッターでUSB ファンの大きさに切り抜きます。
今回使った箱は Seria のプラスチック箱。

厚さがあまりなく、切っていくうちに少し割れてしまいました。

少し丈夫な箱を使うか、ゆっくり丁寧にやれば問題ないでしょう。

今回用意した USB ファンは、12 CM のもので、この箱の幅が19 CM なので綺麗に収まりました 。

USB ファンの片側のメタルガードの四隅にネジがありますので、そこを外すとメタルガードが簡単に取り外せます。これを取り外すことによって、蓋と綺麗に密着してくれるようになります。

外したメタルガードを、蓋に乗せて穴を開ける場所を決めれば、綺麗にUSB ファンを装着することが可能です。

後は、蓋の裏側からネジを締めれば完了です。

とっても簡単に綺麗に出来ました。

製作時間は物の10分かかるかかからないかです。

少し懸念していたのが、送り込んだ空気を出す、送風口を考えなければいけません。ネット上ではカッターで切ったりして送風口を作っていましたが、今回私が買ったのは、取っ手の部分に穴が開いているタイプをあえて選びました。

そうすることで、送風口はあえて作る必要もなく無駄が省けます。

乱気流が起こり空気が逆流しないかと、少し心配でしたが思ったほど、乱気流も起こらず取っ手から空気が上手く流れてくれました。

空気清浄機の騒音(ノイズ)

送風口が少し小さいのもあり、空気の跳ね返りがファンに少し当たるので、サーと言う音が聞こえますが、むしろエアコンの音なんかよりも小さいのでそれほど気にするほどではありませんでした。

空気清浄機の実力

出来上がったところで早速水を入れスイッチを入れて様子を見て見る事にします。

夜寝る時は消していて、家にいる間だけファンをオンにして2日経った後の写真

見ていただくと細い繊維のようなものがたくさん浮いています。
そして大きな繊維の塊も浮いているのがわかります。

こんな埃まみれの空気を吸ってたと思うと(汗)

私の部屋ではこのサイズだと少し小さすぎるかもしれませんが、
6畳ぐらいの部屋であれば十分綺麗になるのではと思います。

そしてなんといってもコストパフォーマンスが素晴らしすぎる。

USBファン(700円)+セリア(100円)の、たった800円で綺麗になるのですから
是非 DIY に挑戦してみて下さいね。

今回使ったUSBファン

Amazonで678円で手に入れました。
調べた限りでは、これが静音一番最安でした。







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-DIY, レビュー

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.