• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

記事作成のコツ

ルール1つで文章校正が飛躍的に楽になるテクニック

更新日:

ブログをやっている人なら、書いた後の記事の校正、整形に多くの時間を費やしていることと思います。私も以前は、記事を書いた後、 の横幅に合わせ、改行を入れたり うまく揃うように揃えたりしていました。

改行の問題点

今のご時世、 PC だけでなくスマートフォンにも対応しなければならず、 PC で改行、整形して綺麗に揃えたとしても、スマートフォンでは、横幅の関係で、 変なところで改行されてしまいうまくいきません。

ブログのテーマによっては専用タグが用意されていて、スマートフォンで改行して欲しいところにタグをつけることによって見栄えを良くする方法もあります。

しかし、何しても面倒くさい。

改行の仕方を考える

すでにブログを長くやってる人の中では、気づいて行ってる方もいると思いますが、今回改めて紹介させていただきます。

それはズバリ、めったに改行しないことです。

めったに改行しないと言うと語弊があるのですが、文章の終わり、すなわち「。」ここの位置で改行を入れることにより、ある程度長い文では、2、3行になりますし、短い文章では、横一列に綺麗に並びます。

そうすることによって、無駄な改行が減るので、スマートフォンで見ても、綺麗に揃えることができるのです。

実際スマートフォンでは、三行以上になってしまうこともありますが、元々縦に読むことに慣れている、スマートフォン世代の人にはあまり苦にならないでしょう。

改行のコツとしては、「。」の後にもう一つを改行を入れ、行間を空けてあげる事によってスッキリと見やすくなります。



良い例

吾輩わがはいは猫である。

名前はまだ無い。

どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。

何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

悪い例

吾輩わがはいは猫である。
名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

悪い例を見ていただくとわかるのですが、環境によっては、少し詰まって読みにくくなるのに対し、行間を空けることによって、どんな環境でもスッキリと見やすくなるはずです。

ほとんどのケースに対応でき、意図的に改行を入れたい場所や、入れたくない場所がある場合は、ルールを破ればいいわけです。

実際私のブログでも、このルールに則り改行を入れています。
(この記事も同じルールを適用させています)

記事作成の時間を大幅に削減できる

このルールを適用することによって、今まで整形にかけていた時間を大幅に削減することができ、記事の投稿数を大幅にアップすることが可能になりました。

実際にはこのルールだけではなく、ライティングスキルや、方法、使用機器、ソフトウェアなどを揃えることによって、ほぼノーストレス、短時間で、1000文字以上の記事を短期間で書くことが可能になります。

これらについては、記事作成のコツをご覧ください。







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-記事作成のコツ

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.