• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

ブログの設計図 記事作成のコツ

アクセスを狙う記事と、読んでもらいたい記事をちゃんと分けてますか?

投稿日:

私のサイトは、なんてこと無い、趣味ブログ、雑記ブログという印象だと思いますが、試しにくまなくサイトを回って観察してみてください。

カンのいいあなたなら、面白い事に気づくでしょう。

この記事を書いている時点では、まだ構築中なので、全て完成しているわけではありませんが…参考になるはずです。

私は2つのことを意識して記事をかき分けています。




  1. 購買してくれそうな、お客様になりそうな人に読んで貰う記事。
  2. ランダムな層にアプローチする、SEOを意識した、キーワードを拾って上位表示を狙う記事。

それでは2つの違いを説明していきたいと思います

意図があって読んでもらいたい記事

自分が運営しているサロン紹介等、成約ページがある場合は、あまり意識しなくても良いのですが、ない場合、読んで貰いたいコンテンツで、マネタイズしなければ行けないので、当然、コンテンツも変えていきます。

読んで貰いたい記事は、できるだけシリーズ化して、ページビューを稼ぐようにします。

検索エンジンを意識せずとも良質な記事を書くことで得られる物

検索から誘導する記事ではないので、どっしりと構え語っていくという表現があっているかも知れません。読者にストーリーを語る、教えるように導線を作り、シリーズを読み終わったあと、読者自身が、行動したくなるような記事を作れれば最高でしょう。

読者さんを稼がせてあげる事で感謝され、自分にも返って来るようになります。

何度もサイトに戻ってきて、必要な情報を確認出来るような、わかりやすい構成を心がけます。

私は、マネタイズの実験を兼ねて、このブログを運営してるので、マネタイズに必要な記事以外基本無料で、巷で販売されている有料な内容も多く出しているので、どんなサイト構成になっているのか、サイトをくまなく回ってノウハウを探して見てください。

コミュニケーションもとるようにして、信頼が築けたら、こちらがして欲しいことを伝えても良いでしょう。

その際、商品紹介や、アドセンスを積極的に取り入れても大丈夫です。

検索エンジンからのアクセスを狙う記事

アクセスを狙う記事は、取っていきたいキーワードを意識して書いて行かなければ行かないので、全体にキーワードが、適度に含まれているのが理想的です。キーワードの詰め込み過ぎには、注意しましょう。

h2タグを使い、見出しをセクション事につけて論理的な構造にして、見出しに関連した内容を掘り下げていきます。見出しにもキーワードを適度に入れていくといいでしょう。

論理的な構造にする事により、読者も読みやすくなり、内容が伝わりやすくなります。

ワードプレスを使っているならば、この記事にもついている目次を、Easy Table of Contents というプラグインを入れる事で、簡単に作ることができます。

見出しをつける2つの理由

検索エンジンからは、h1(記事名) h2(見出し群)h3(更にその下の見出し群)、という感じで認識されるようになり、インデックス(検索エンジンに登録される)際に、h2のキーワードも、検索対象になることもあり、ロングテールを狙いやすくなります。

アマゾンのロングテールからの売上の話は有名ですよね?

ロングテール(英語: the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。

こちらがいくらキーワードを狙い、属性を絞っても、拾いきれない(思いつかない)組み合わせで検索されることが多々有りますので、h2、h3も馬鹿に出来ない訳です。コンテンツを充実させるのは、言うまでもありませんね。

記事ボリュームが出せない時の対処法と頑張るたった1つの理由

ボリュームが出せない場合は、キーワードに関連した内容を書いてボリュームを出すのも、一つの手です。

これは、このブログのような雑記ブログにも同じことが言えます。雑記ブログで、お小遣い系には、必ずと言っていいほど書いて有るのが、記事の量産です。

今日、手軽に始められる事から、ブログを始めたものの、更新されずに放置さてた残骸が、ネットという宇宙に彷徨っているのが殆どです。

従い続けているだけで、ブロガー上位に入れるともいえ、続ける事の重要性も挙げられます。

更新頻度、記事数、等検索エンジンを意識しての事ですが、前述したロングテールとも深い関わりが有るのがお分かりでしょう。

検索エンジンが優秀だからマネタイズ出来る

私は、ブロガーという名前が出てくるかなり以前から、活動してきました。

昔は、検索エンジンも、今より優秀では無かったので、雑記ブログは、キーワードを狙って参入してくる、特化ブログに中々勝てませんでした。

好きなこと書いて、ブロガーとして、雑記ブログて生活など考えられず、仕事ととして、しっかりマネタイズするには、SEOが不可欠で、ガチのアフリエーターという仕事でした。

中にはスーパーブロガーもいたでしょうが、現在の様に、沢山はいなかったと思います。

このブログを実験しているのも、いい時期が来たと考えたからでもあります。

いい時代になりました。

雑記ブログでも稼げるブログの設計図の作り方を教えます

雑記ブログでも、全体の構造を考えて構成していけば、特化ブログの纏まりという巨大なサイトが出来上がります。

この件は、詳しく別記事で書いて見たいと思います。

戦略的にブログを育てる為にも、構造をしっかり練ると共に、アクセスを拾うために、記事の初めに、余計なものを多くしない方が無難です。

特にスマートフォンで閲覧した際にスクロールせずに見えるエリアはスッキリさせておきます。

何とかクリックさせようと、ファーストビューにゴチャゴチャ置いているサイトを、散見しますがSEO的にも、良い影響を与えません。

まとめ

如何でしたでしょうか?

今までの内容を2行で纏めると、

  • 撒き餌 アクセスを拾うた記事 (広告少なめ)
  • 養殖場 読ませたい記事 (広告多め)

撒き餌で集めて、養殖場で育てて、還元してもらう。

サイトを何度もみなおして、ご自身のサイトと比べて、参考にしてみてください。

 

 







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-ブログの設計図, 記事作成のコツ

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.