• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

DIY 趣味のカテゴリー

遠心分離機装置サイクロン自作

更新日:

前回の記事で、吹上をできるだけ効率よくするための考察をしアイデアを色々書いていきました。

掃除好きで追求するうちにプロ並みの知識が付いていたわけ

結論から言うと、空気の力を使い吸い取るという方法が最もオールマイティに効率的に掃除ができるということを導き出しました。

私の要望を満たすのは、ズバリ水を吸える掃除機。

ただ市販の乾湿掃除機では、フィルターの交換など手間がかかるので実用的ではありませんので却下しました。

それではと、普通の掃除機に後付して水が吸えるようにすればいいのではないかと、掃除機の仕組みを色々探していると、サイクロンで有名なダイソンの遠心分離装置にたどり着きました。




遠心分離機の仕組み

容器内の気圧を下げ 、サイクロン気流を作り、吸い上げたゴミを容器内で回転させる。

容器内ではセパレーターというものを取り付け、圧の変化を起こさせて、掃除機側の吸い込み口側の圧を落とし、空気より重いものを下に落として、掃除機側にゴミがいかないようにする。

そうすることによって、容器の底にはゴミがたまっていくという仕組みらしいです。

サイクロンシステムで有名なのがダイソンというわけですね。

遠心分離機によってゴミが落とされるので、フィルターの詰まりなのが起こりにくく、吸い込み効率が落ちないというのがダイソンの売りです。

今回私が考えたのはこのサイクロン遠心分離機を DIY して、 水やゴミを容器に落とし、空気だけを掃除機側に戻すことができればいいと考えました。

遠心分離機の DIY を色々調べてみると

すでに多くの方が、 DIYに チャレンジしており参考文献がたくさん見つかりました。

参考にしたのは以下

100円ショップの材料を使い遠心分離機を作る

http://kaimonodou.yuujuu.net/article/181632415.html

その他にもたくさんいろいろありましたが、装置を作るのがめんどくさいのであれば、 すでに出来上がっているものも販売されていました。

私の場合今後業務用としても使えるようなものが作りたかったので、ペール缶を使って、市販の遠心分離機を取り付けると言う方法を取っていきたいと考えています。

Amazon にも形は似ていますが何種類か見つけることができましたので、自分の使いたい掃除機のホース径に類似した、 パーツを購入して製作したいと考えています。

水を吸える掃除機を使うシチュエーション

  • 窓枠
  • キッチンの戸棚
  • 建具

上記の部分で使いたいと考えています。

窓枠

窓枠やガラス戸を水で掃除した後に残った水気を吸い取る。特に窓枠の下に溜まった水は、放置しておくと埃を含んで汚れてしまうので、雑巾で拭く代わりに吸い込んで綺麗にしたいと考えています。

先の細い吸い口の隙間ノズルが必要になります。

キッチンの戸棚

プロの掃除屋では、薬剤や水をつけて、スポンジなどで擦りピカピカにしていきます。

最後の拭き取りのかわりに、水気を吸い取る。

広い面などは、T字のワイパースクイージーで水を床に落としてしまう方法も考えられますが 、薬剤などを使用している場合、ゆかのワックスまで一緒に取れてしまう可能性があるのであまりやりたくありません。

絨毯用の掃除ノズルのような形をした水切り兼吸い込みノズルがあれば、床を汚すことなく拭き取ることが可能なので、類似品がないか?自作できないか考えてみようと思います。

建具

こちらもキッチンの戸棚と同じように、お水や薬剤をつかい、スポンジで洗っていきますので、建具についた水をする代わりに吸い込んで綺麗にしたいと考えています。

以前考えたのが、ケルヒャーから出ている窓掃除機

これを使えば、水気を取ることができると考えましたが、充電式のため掃除中にバッテリーが切れてしまうことが懸念されるため断念しました。

家庭用であれば問題ないでしょうし、気軽に私と同じ構想で掃除できて逆にいいかも知れません。

キッチンと同じように T 字ワイパースクイジーで水を床に落としてしまう方法も考えられますが、同じく床のワックスまで取れてしまう可能性があるのでやりたくありません。

こちらもキッチンと同じような T 字型の掃除ノズルのようなものがあれば うまくいくはずです。

プロの掃除屋では、ワックスをかける前に、必ず油分を取る作業をします。

決して水拭きだけで、終わらせるようなことはありません。

油分と汚れをしっかりとることによって、ワックスのノリが全然違うからです。

薬剤を使い床を磨き上げた後に出た汚水を、拭き取る代わりに吸い込みたいと考えています。

ビルメンテナンスなどで使うポリッシャーでも、上記のような工程が行われます。

この場合も、建具キッチンと同じく T 字型の吸い込み口があればうまくいくと考えています

まとめ

遠心分離機を作ることが出来るのがわかりましたので、早速材料を集めて製作したいと考えています。

問題なのは上記に挙げた、吸い込み口側に取り付けるノズルをどのようにするか?
これが課題になってくると思います。
吸い込み口側のホースの口径にあうノズルを探すか、加工するかにかかってくると思います。

試作品ができたら公開していきたいと思います。







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-DIY, 趣味のカテゴリー

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.