• OTHER THAN MAIN 管理人

20代で全財産飛ばし、30代で資産7千万まで行くも再度溶かす。 3度目は億超えをと、今はチャンスを淡々と狙う。本業を主軸としながら、国内外不動産、先物、会社経営と複数の可能性を探しながら、複数の収入源を作っていくのが自分のスタイル。 その一つとして、始めたのがこのブログアカウント。

やる必要がないのにやっているこのブログ(OTHERTHANMAIN)の理由

レビュー

冬の寒い家を3度暖かくするトリック

投稿日:

長年あったかいとこにいた自分は、日本の寒さが大の苦手です。

日本はこんなに寒いのに、どうやって寒い地方の人は冬を越すのか疑問に思ったので、北海道出身の友達に話を聞くと、冬は24時間暖房をつけっぱなしで、とても暖かく半袖でいられるぐらいの快適さなだそうです。

寒い地方の家と、関東圏の家は作りが違うらしい

寒い地方の家は、寒さ対策のため、断熱材がしっかり入っており、家の気密性も非常に高いということです。

逆に関東圏の家は、夏の暑さに対応するため、空気循環ができるような構造になっているため、冬は寒さが家の中に入って来るということです。

暑さ対策をすれば冬は寒く、寒さ対策をすれば、夏は暑く・・・

中途半端な構造ということです笑

関東圏の家でも冬を快適に過ごす方法

寒さ対策を色々な人に聞いてみると、以下のような方法が有効だということがわかりました。

  • ヒーターなどの局所的な熱源ではなく、できるだけ空気を温めるために、エアコンを使い、サーキュレーターで空気を循環させる。
  • 寒さは床から来るので、底冷え対策として電気カーペットを使う。





どちらもお金がかかる方法です(泣)が、二つの方法に替えたところ、意外に快適に過ごせることがわかりましたので、電気代は度外視して、エアコンと電気カーペットに落ち着きました。

私の家にはこたつはありません。

部屋の気密性を保ち寒さを緩和する

もう一つ重要なのが、家の大部分を占める窓対策です。

せっかく温めた部屋の空気も、冷たい冷気が窓を通して入ってきてしまい、放射冷却によって、部屋がなかなか温まりません。

アルミ断熱遮光シート と冷気ストップライナー

そこで窓全体を覆うように、 アルミ断熱遮光シートを取り付けてみました。

by カエレバ

最初は半信半疑でしたが、つけてみてびっくり!!!

体感温度で3°から4°違い部屋がものすごく暖かい。

これに気を良くして、ビニールタイプの冷気ストップライナーというのも買って試してみました。

by カエレバ

冷気ストップライナーはアルミ断熱遮光シートと比べて、体感的にはそれほど暖かくは感じませんでしたので、もし窓からの冷気をシャットアウトしたいと考えている方は、断然アルミ断熱遮光シートがおすすめです。

アルミ断熱遮光シートは、冷気ストップライナーと比べて少し割高ですが、夏は断熱もできるのでオールシーズン使えてお得です。

どうやって取り付けるのか

ご覧のように、100円ショップで、窓幅の突っ張り棒を買ってきて、断熱遮光シート付属のフックをひっかけて使っていますので、DIY などをする必要も無く簡単に設置できます。

以上現場からお伝えしました。







プロフィール

インフルエンサー:鷹

ジョジョ好き。本職以外の出来事を書きたくブログを立ち上げる。インフルエンサーとして活動してきたノウハウを活かし、ブログでもマネタイズは本当にできるのか?興味を持ちこのサイトを立ち上げる。
テーマはズバリ 「make money」お金を貰うのでなく作れるのか?

プロフィール詳細はこちら

フィードメーター

はじめに読む記事

1

何事も設計図がないと始まらないので、まずはマネタイズ(お金を生む)までの設計、構想を描いてみたいと思います。 この設計図は、状態を見て変更していく事とします。 コンテンツ目次 アクセス集め読者の属性を ...

-レビュー

Copyright© OTHER THAN MAIN , 2020 All Rights Reserved.